良番のビジネスシーン活用法し

良番にすることの魅力のひとつ、それがビジネスにおいての貢献度です。

お仕事をされている方であれば、
少なからず外部の方々と連絡先の交換等をされたことがあると思います。
普段は名刺かなにかで住所やアドレス、
電話番号を管理されているといるのではないでしょうか。
そこで必要なときに名刺ファイルから番号やアドレスを引っ張ってくることが一般的ですよね。
何度かの取引を重ねることで、携帯電話に番号を登録する人もいれば、
一番最初の連絡交換の段階でスマートフォン等に登録する人もいるでしょう。
ただ基本的には頭では覚えず何かしらのデータベースから、
引き出してくるのがベーシックです。

しかし、もしそれが良番であれば、まず一番最初の接点でインパクトは大です。
「すごい番号ですね」「これどうして手に入れたのですか」といった、
ビジネスのとっかかりであるトークの始まりにもなります。
そしてさらには覚えてもらうことも容易いので、
わざわざ名刺ファイルを開く手間を相手にとらせる心配はありません。
逆にあなたが電話をした場合も、
相手は液晶を見るだけであなたからの電話だとピンとくるかもしれませんね。

良番そのものがビジネスにおける価値にはなりませんが、
営業などにおいてあなたの印象を残すというツールには充分なり得ます。
そこからはあなたの手腕にかかっていますが、
あなたがいないところでも良い意味で一人歩きをしてくれる、
優秀で頼りになる営業ツールとして活躍してくれるでしょう。
仕事上におけるパートナーとも言えるかもしれません。